臨床研究このページを印刷する - 臨床研究

臨床研究の紹介

臨床研究とは、細胞レベルの研究や動物実験のような基礎研究とは異なり、多様な"まるごとの人間"を対象として病気の診断や発見、病気の予防・診断・治療や生活の質の向上のために行う医学研究です。

国立病院機構は研究・教育機関でもあります。当院では4専門分野別研究室と、治験管理室の5部門よりなる臨床研究部を設置し、当院独自の臨床的研究、厚生労働省研究班会議の主題に即した臨床研究、および臨床治験をおこなっています。また、国立病院機構の組織を活用した多施設共同研究にも参加しています。

臨床研究部は、科学的で倫理的な臨床研究を推進するため、倫理委員会と協働し臨床研究に関わる教育・啓発活動、臨床研究のサポートもおこないます。

臨床研究部の組織

臨床研究部長 伊藤博明
研究室・研究室長 高次脳機能研究室長 仁村太郎 脳神経外科部長併任
脳画像診断研究室長 安藤肇史 統括診療部長併任
機能再建治療研究室長 (欠)
環境予防医学研究室長 中原寛子 歯科医長併任
臨床治験研究室 伊藤博明 臨床研究部長併任