患者様の権利と責務このページを印刷する - 患者様の権利と責務

2018年11月26日掲載

当院は患者様に「安全で心を込めた良い医療」を提供するため、患者様の基本的な権利を明確にするとともに患者様に守っていただきたく責務を定め、「患者様の権利と責務」としてここに制定します。

患者様の権利と責務

良質な医療を受ける権利

すべての患者様は、安全で良質な医療を公平に受ける権利があります。
 

人格を尊重される権利

すべての患者様は、人格や価値観を尊重され、医療従事者と互いに協力関係のもとで医療を受ける権利があります。
 

十分な説明を受ける権利

すべての患者様は、検査や治療についての必要性やその危険性ならびに他の治療方法の有無などについて、十分な説明と情報の提供を受ける権利があります。また、自分の診療記録の開示を請求する権利があります。
 

自己決定の権利

すべての患者様は、自分が受ける治療計画を立てる過程に参加し、自分の意見を表明し、自己決定する権利があります。また、希望しない医療を拒み、他の医療機関を選択する権利があります。
 

プライバシーが守られる権利

すべての患者様は、診療の課程で得られた個人情報やプライバシーは厳粛に保護される権利があります。

患者様の責務

正確な情報を提供するとともに、疾病や医療を十分理解する責務

すべての患者様は、医療提供者が的確な判断を行えるよう、自分の健康に関する情報をできる限り正確に医療従事者へ伝える責務があります。また、自分の疾病や医療について十分理解する責務があります。
 

医療に積極的に取り組む責務

すべての患者様は、医療従事者と合意した検査や治療方針に対し、意欲を持って取り組む責務があります。
 

快適な医療関係づくりに協力する責務

すべての患者様は、他のすべての患者様が快適な環境で医療を受けることができるよう、病院の規則や病院職員の指示を守る責務があります。
 

社会的なルールを守る責務

すべての患者様は、社会的なルールを遵守し、他の患者様のプライバシーや権利を尊重し、また、医療費を適正に支払う責務があります。