薬剤部このページを印刷する - 薬剤部

2018年11月22日掲載

薬剤部の紹介

当院薬剤師は6名体制です。調剤を基本として服薬指導や医薬品の情報活動、製剤、治験薬管理などさまざまな業務を行い、医薬品が適正に使用されるように心がけています。
 

調剤業務

調剤(ちょうざい)とは、医師・歯科医師から発行された処方箋に基づき、医薬品を交付することです。調剤の流れとしては、まず処方箋がオーダリングシステムにより出力され、その処方箋の監査(年齢を考慮した用量、用法、多科受診による重複薬剤、投与日数などのチェック)を行います。処方上疑わしい点があった場合には、処方医に問い合わせ、確認をします(疑義照会)。

次に、処方内容を調剤システムに入力することにより薬札の出力及び錠剤・カプセル剤・外用剤の調剤(計数調剤)、さらに散剤・水剤の調剤(計量調剤)、そして錠剤やカプセル剤の一包化調剤を同時に行います。ここで出来上がった薬が正しく調剤されているか一度目のチェックを行います。

最後にそれぞれ分けて調剤されたものを1つにまとめて最終監査(各調剤が正確に行われているかどうか、処方内容の再チェックなど)を行います。この業務は計数・計量調剤を行った者とは別の者が行うようにしています。 外来の場合、調剤した薬の交付を行いますが、その際患者さんには、お薬のことを理解して戴くための説明文書を作成し、お渡ししています。
 

薬剤管理指導業務(服薬指導)

入院している患者さんに処方された飲み薬や外用薬、注射薬などの正しい使用法や効果、副作用などについて説明を行います。

また、同時に処方されたお薬どうしの相互作用や重複投与のチェック、さらに副作用歴、アレルギー歴なども確認し、より安全で効果的な薬物治療が行えるように医師・看護師と情報を交換しながら業務に取り組んでいます。
 

医薬品情報業務

医薬品の安全性や適正使用に関する情報を収集・分析し、提供しています。医薬品情報にはいろいろな情報がありますが、その情報を1つ1つ評価して、緊急性のある情報や重要性の高い情報については、迅速に院内関係部署へ情報を提供するよう心がけています。

また、当院では処方オーダリングシステムを導入しており、院内採用薬品の情報についてはどの端末からも情報を得られるようにしています。
 

製剤業務

院内製剤とは「薬剤師により病院内で調製し、その病院で使用する薬剤」のことです。例えば、医師が治療を行ううえで、市販されている薬剤では「効果が期待できない」場合や、「薬剤の形を変えないと使用できない」場合などに、個々の患者さんに適した形で院内調整します。

また、食事を経口摂取出来ない患者さんに対し、TPN(総合栄養輸液による栄養管理)を行うことがありますが、この栄養輸液は清潔な環境で調製する必要があるため輸液の安全性や使用時の安全性を確保した上で、できるだけ薬剤科で無菌的に調整することにしています。
 

治験薬管理業務

治験とは、国(厚生労働省)から薬の製造販売の承認を得るために人を対象に行う試験のことです。治験は、国際的に定められたルール(GCP:医薬品の臨床試験の実施に関する基準)を遵守して行われます。その治験に使用される薬を"治験薬"といいます。

治験薬は治験依頼者(製薬会社)から交付され、治験薬管理者により管理されます。治験薬管理は薬剤科で行っています。治験薬は、他のすでに承認されている医薬品とは区別して保管し、治験薬の取り扱い手順書に従って払い出しや数量管理をしています。

スタッフ